オンラインカンファレンスセミナーの休憩アクティビティに食べる瞑想を取り入れませんか?

オンラインでカンファレンスやセミナーを開催のご担当者様

オンライン開催において、参加者様のリフレッシュ方法にお悩みではありませんか?

ランチやティータイムの時間を活用して、食べる瞑想(ZenEating)のアクティビティを取り入れると、参加者様の満足度が向上します。

こんなカンファレンスやセミナーにおすすめ

  • 長時間の講演で参加者が疲労を感じそう
  • リフレッシュを効果的に設計できていない
  • スーツのまま参加できるアクティビティを取り入れたい
  • PCの前に座ったまま出来る、場所を取らないアクティビティを取り入れたい
  • 身体を使う(脳の休憩になる)アクティビティを取り入れたい
  • 持ち物など事前の案内が不要なアクティビティを取り入れたい
  • 食事休憩を20分以上確保できる
写真掲載ご許可いただいています。

どんな効果がある?

日頃は無意識に行いがちな「食べる行為」を丁寧に行うことで、「身体の感覚を研ぎ澄ませることができた」と参加者のほとんどが感じるようです。

それによって脳が短時間で休まり、効果的なリフレッシュになります。
食べ物へのありがたさを始め、享受しているあらゆる環境への有難さも感じる参加者の方が多く、
その後に聞く講演や、参加する授業への有難みも増す傾向にあります。

その後の集中力があがるのはもちろん、結果的に自然な形で全体の満足度を上げる事ができたと複数のカンファレンス主催者様からご好評いただいています。

ZenEating内容

Zen Eatingのワークは、瞑想のような食事時間を過ごした後に対話をする、約1時間の体験。

食べながら瞑想を体験いただけるこのワークで、リラックスして元気になれる丁寧な時間をお過ごしいただけます。

参加者の皆様の表情がほぐれてくるのを実感していただけるはずです。

個々のリフレッシュを目的とする場合は、脳の休憩に焦点を当て、
参加者同士の繋がりを目的とする場合は、オープンな心と繋がりが生まれる対話に焦点を当てるなど、内容もアレンジ可能です。

誰しもが毎日行う、食べるという行為を改めて丁寧に行うことで、
参加者は各々、日常で小さなことから始められるアクションを胸に持ち帰っていらっしゃいます。

20分から1時間までご都合のよい長さにアレンジします。

ランチ、ディナー時間だけでなく、朝食でのアイスブレイクや、おやつの時間の頭の切り替えにもおすすめです。

英語/日本語のバイリンガル開催も可能です。

掲載ご許可いただいています。

毎日の食事時間にゆとりを持つやり方がわかると、私生活も仕事上でも集中力があがるだけでなく、全体の循環が良くなります。

Zen Eatingはオンラインで提供を始めて4か月で30か国500名以上が受講しています。

御社のカンファレンスやセミナーの満足度アップにZen Eatingお役立てください。

主催者の声

ZenEatingをカンファレンスにとりいれたことにより、カンファレンスで受け取った情報を整理して、自らのものとして受け取ることができ、その後の満足度の向上につながったと思います。
ランチタイムに取り入れたことにより、休憩もしくは食べる瞑想(ZenEating)の時間を一緒に取ることができたので、参加者は自分の選択で時間の自由度が増え、それも満足度の向上につながりました。
ZenEatingを採用することにより、カンファレンス全体の雰囲気をつくるのに、とても効果があったというのが主催者としての感想です。
私どものZen2.0は禅やマインドフルネスをテーマとしたカンファレンスでしたので、カンファレンス全体の印象をつくるのに効果があったと感じ喜んでいます。

-2020.09-参加者450名(オンライン)
禅とマインドフルネスの国際カンファレンスZen2.0共同代表三木康司様

参加者の声

言葉の選択、トーン、ペースが絶妙で、頭に映像が自然と浮かんできました。終始穏やかな表情で、自然と溢れる笑顔、最高だった!

この食の瞑想は何度でもやってみたい。

頭モードから身体モードに切り替えるという言葉が印象的だった。
いつもは慌ただしく食事をとっていることに気が付きました。

ゆっくり味わうことで自分の体の働きに感謝することができた。
みんなとのつながりを感じました。

やさしい気持ちになれました。
欲しいものではなく、必要なものは全て持っているということが、食べながらだとことさらに心に響きました。

ごはん4口でお腹いっぱいになりました。「満腹の定義」が変わりますね。ゆるやかな満足感が心地よいです。

本当に参加してよかった。

 →その他のご感想を見る

料金

おためしZenEating(単発)

1回あたり約1時間のセッションの場合
10名まで・・・3万円
30名まで・・・10万円(通常価格) →団体割引価格8万円 

ZenEating(単発)

1回あたり約1時間のセッションの場合
100名まで・・・30万円(通常価格) →団体割引価格25万円
200名まで・・・60万円(通常価格) →団体割引価格40万円
500名まで・・・150万円(通常価格) →団体割引価格65万円
500名以上・・・条件に応じて、お見積りを発行させていただきます

コミュニティ会員のためのZenEating

会員様のウェルビーイングなど内容のご相談やお見積りは
お気軽にお問い合わせくださいませ

お申込み

100名様までのプランは当日から開催可能です。
100名様以上の場合は、翌日から開催可能です。

日程を確認してみる
https://www.meetingbird.com/l/MomoZenEating/book

標準は1時間ですが、
内容、時間、フレキシブルにご対応するのでお気軽にご相談ください^^

お急ぎの場合は、直接こちらより日程のお申込みをお願いいたします。

他の日程、または大人数の開催をリクエストする

カンファレンスでの提供実績

禅とマインドフルネスの国際カンファレンス「Zen2.0」にて
200名以上の参加者様と中継でお昼のアクティビティとしてワークをご提供 -2020.09
(日本語開催)

1000名が集った国際インテグラルヨーロピアンカンファレンスにてお昼のアクティビティとしてご提供
@Integral European Conference -2020.05
(英語開催)

リーダーシップの養成セミナーで食の理解の深化と、会員同士の繋がり促進を目的としてご提供
@Leadership in Crisis -2020.07
(日本語開催)